2018-04-19

明蓬館高校関内SNEC BAY2開所式 meihokan snec kannnai bay2 opening

photo by daichi yamashita


昨日は、弁天通り三丁目の弁三ビルにて明蓬館高校関内SNEC BAY2開所式
にお呼ばれしました。

心温まるとても素敵な式でした。

近隣の八さん角さん(日野校長流に)が集まって、挨拶だけみても超多様で、
ワクワクいたしました。

人が集まり生き生きとしてくる空間に、ホッとしたのと、
これから始まる(すでに始まっている)生徒さんたちのストーリーが楽しみです。

また、遊びにきて良いとおっしゃっていましたのでお言葉に甘えて放課後、ちょくちょく覗きに行こうと思います。



2018-04-12

ピクニックナーサリー親がリラックスできる場所を作る hoicoo記事掲載

横浜市中区関内の泰生ビルのピクニックナーサリー
の記事です。
保育園つくるかそれとも、と初期の検討段階の時に、後藤さんが
いかに親がリラックスできる場所を作るかということをずっと言っておられたのを思い出してます。
私もイチ母親として深く共感して巻き込まれていきました。
古市事務所は設計を担当させていただきました。

小平の家、竣工後4年目の暮らしぶり。インタビュー

もう春・・を通り越して、初夏のよそおいですが・・
(すみません、うっかりしていたら時季外れなお知らせになってますが・・)
小平の家、竣工後4年目の暮らしぶり。
今年の2月に取材がありました。
工務店さんのHPにアップされています。
冬のインタビューですが、ぜひご一読ください。
薪ストーブとの暮らしについて丁寧にお答えいただいております。
薪ストーブ導入検討中の方やぼんやりと憧れを抱いている方(私か・・)など参考になりそうです!
古市事務所は設計を担当いたしました。



2018-03-11

BankART IUI展にて

横浜国立大学 野原 卓 ゼミにお声がけいただき、横国のIUI展 @ BankART 野原ゼミブースにて、
最近の関内付近での保育園や発達障害の高校生のための通信教育の拠点作りなどのリノベプロジェクトの話をします。
3/11(日)13:00-15:00 BankART Studio NYK 2階(馬車道徒歩5分)


http://bankart1929.com/cms/wp-content/uploads/2018/03/1803ynudiploma_event.pdf

2018-02-08

ワークショップサポーターゆる募集です。 漆喰壁塗、柿渋、米ぬか床塗:明蓬館高校関内Snec増設工事

関内駅・馬車道駅から徒歩5分、弁天通り3丁目の弁天アパートにて明蓬館高校関内SNECアンブレラの増設工事がLIUKOBOさん施工の元、着々と進んでいます。


いよいよ、壁塗りがはじまります。
地域の方々のワークショップサポートをゆるーく募集いたします!仕上の工程をシェアすることで、この場所を街に開かれたものにする一歩になるといいなと思います。
初心者経験者よろず歓迎。撮影見学だけでも。

道具はありますので、手ぶらできて、昼休みの小一時間でも良いですよー。あ、多少汚れても良い上着とスリッパがあると気にせず作業に集中できそうです。明蓬館高校関内SNECの先生、生徒さんも、参加予定です。


2月下旬からは床に米ぬか(キヌカ)塗、建具に柿渋塗、など。

なお、このビルの1階はかの原三溪が生糸貿易事務所を営んでいた横浜の歴史を物語る由緒あるビルでもありますよー

お問い合わせはコメント欄かメール、infoアットfuruichikumiko.com 
古市久美子建築設計事務所 担当:古市 までお願いします。





2018-01-29

明蓬館高校 関内SNEC拡張工事WORKSHOP企画中

明蓬館高校 関内SNEC拡張工事@横浜市中区弁天通3丁目
LIUKOBO 施工のもと、
いよいよ杉間伐材の床も張られ、3月竣工に向けて少しずつ見えてきました。

2月中旬から、明蓬館高校関内SNEC生徒さんと左官壁塗や障子はり、照明作り、間伐材床オイル塗りなどのworkshopを先生方と企画中です。

またworkshopをサポートしてくださる方もゆるく募集しています。出入りは歓迎なので、昼休みだけ〜でも良いです。(アンブレラの時のように

詳細決まり次第、アップします。

明蓬館高校SNEC
http://www.at-mhk.com/style/snec.html




2018-01-26

明蓬館高校関内SNEC拡張工事 [LIUKOBO][古市久美子建築設計事務所]  横浜市中区弁天通り3丁目










ピクニックナーサリーの竣工写真


横浜市中区関内の古いビルをリノベーションして保育園へ改装した
ピクニックナーサリーの竣工写真をアップしました。
http://www.furuichikumiko.com/works/319/

2018-01-12

明蓬館高校関内SNEC拡張工事 [LIUKOBO][古市久美子建築設計事務所]  横浜市中区弁天通り3丁目








明蓬館高校関内SNEC拡張工事 [LIUKOBO][古市久美子建築設計事務所]  横浜市中区弁天通り3丁目








2018-01-08

エネルギー政策の転換を求めて


原発はなぜなくならないのだろう。

2011年03月11日に体験したあの地震のあとの混乱と
これでやっと原発が止まるのでは、と光を見た人は少なくなかったはず。

我が家には1歳6ヶ月の赤ん坊がいて、
私はなれない育児とそれから原発事故後の放射能の情報に、また、
放射能を恐れて日本をあるいは関東を離れていく友人たちを見送ることに、
うなだれていた。

あるいは同じように1歳の赤子を持ち、家族で
弁護士として福島に赴任することが決まっていた矢先で、悩み抜いて、横浜から福島に引っ越していったママ友のこととか。

それでもこの落胆が、ましてや福島の人たちのことを思えば、なんてことはないし、
これで原発が止まらないわけがない、と思っていたからこそ、なんとかここにとどまることができた。

なのに。
なんで止まらないの?

あの地震以降、明らかに地震が増えていることは、
実感としても科学的にも明らかで、プレートの境にあるゆえの地震頻発地域であることとさらにそれが活発化してるらしいということ、それからそれに伴う津波とを考えれば海に囲まれた日本には決して合わないともはや自明の事実の原発。

また、もう一つ。
最近の北朝鮮の脅威に対して武器を買うという行為の前に、
専門家の指摘を待つまでもなく、日本海岸沿いに立地された複数の原発にミサイルを撃ち込めば、国として大きなダメージになることは間違いなく、
国防の危機というなら第一に原発を止めることが先。


世界を見てもエネルギーを取り巻く科学テクノロジーは脱原発で、自然エネルギー利用で賄う方向に舵を切っていると聞く。原発は土に対するリスク負担が無謀に大きすぎる故だ。

なぜ原発は止まらないのだろう。子どもたちが眠る布団に添い寝しつつ。
地震のある冬の日の夜に。(地球規模で見れば、今もまだ東日本大震災の余震と言えるそう。)

もうすぐ7年。。




2017-12-28

明蓬館高校関内SNEC拡張工事

明蓬館高校 日野先生の投稿をシェアします。 
**************************
平成30年4月、ご要望にお応えし、明蓬館高等学校 横浜・関内SNECを拡張します。
定員を4倍に増やします。
木のぬくもりのある、SNEC(すねっく)です。
月火木金曜日は高校生のSNEC生、水曜日は中学1〜3年生のための「ぷれすね」のためのスペースです。中学の特別支援級(個別級)、通級(交流級)の生徒の高校進路先に新しい風穴を開けるものです。
待ち望む生徒と保護者の希望の光となります。
=============================
・無垢杉の床材
・無垢杉の机、
・ラフな漆喰仕上の壁(生徒さんや市民の方WORKSHOP予定)
・ほっとできる空間
・あたたかい照明
・レトロなビル
・黄金町若手大工、LIUKOBO施工
・あたたかい先生たち
===============================
その際には見学会も実施します。
検査・診断済みの生徒最優遇 ‼︎特別支援(個別)級、通級(交流級)生徒最優遇 ‼︎内申書不要‼︎明蓬館高等学校 SNEC(すねっく)の入試ポリシーです!!
http://www.at-mhk.com/portals/0/lp/lp05/index_201709.htmlhttps://www.at-mhk.com/tabid142.html
メールでのお問合せは、snec@at-mhk.jp
横浜、神奈川の、高校年次のスペシャルニーズ・エデュケーション(特別支援教育)のニーズを満たせるようにします。
内装工事は古市久美子建築設計事務所に委託します。
簡単な仕様は、このような形になります。
1月、2月には現在在籍する生徒たち、この春入学を予定している生徒にも漆喰の白壁塗りなどを手伝ってもらうワークショップも開催します。
発達上の課題を持つ生徒優遇!
 明蓬館高等学校SNECでは、ご見学だけでなく、専門職員が相談、心理検査を行います。




2017-12-26

関内にある古いビルの部屋を通信教育の拠点とするリノベ計画

関内にある古いビルの部屋を通信教育の拠点とするリノベ計画が進んでいます。場所探しから始まったお仕事。ビルオーナーの温かい理解も得て、いよいよ年末から工事が始まる。







2017-12-05

横浜市栄区上郷・瀬上沢へ行ってきた話。


週末、横浜市栄区上郷・瀬上沢へ行ってきた話。
現在瀬上沢では開発の計画が進んでいます。横浜のみどりの未来をみんなで考えるという署名活動が行われています。

「・・・そんで、それってどこだかわからない」という友人と共に瀬上沢へ行ってきました。
大人2人と小人6人(2、3、5、8歳)。
上大岡から港南台駅行バスに揺られて30分。港南プール(港南環境局)のバス停にて下車。子供達とガヤガヤしている間に到着。この近さが本当に魅力。

いろんな分岐点でちょっとした広場があって、いちいちかくれ鬼が始まってました。
最終的にゴールもなくどこで下ってもいいので、特に時間も気にせず、のんびり構えてられます。








今回は登山口から瀬上沢に降りて、尾根に登り返す3時間ほどのトレイルから、金沢動物園の森につながり、動物達みて、山の滑り台して帰る、という子供達にも大満足コース。3歳児も歩き通せちゃう気軽さ。

大人だけなら、上郷横浜自然観察の森あたりまで足を伸ばして、さらに鎌倉の天園まで行けば、*ロングトレイル感をたっぷり味わえます。
大したアップダウンもなく、ふと気が向いて森の散策したいときに。意外と深い森が*つながっています。

*1 「ロングトレイル」というジャンルがあります。是非にこの森もその方向でいってほしい。下記の本に詳しいです。
日本のロングトレイル(山と溪谷社)

*2 「つながる森」という横浜市発行の冊子が素晴らしくて、地図も生き物ガイドもとっても見やすい。まさに瀬上沢のような都市近郊の森は、「つながる」ことで価値を高める。
横浜つながりの森MAP PDFはこちら(冊子は金沢動物園などで無料配布中)

*3 瀬上沢についての6万人署名:12/10まで。http://livegreenyokohama.com 


2017-11-28

瀬上市民の森 save segami

瀬上市民の森 save segami!プロジェクト
署名できる公開された場所として中区常盤町(関内駅徒歩3分ベイスターズ通り)の我らが常盤ビルの共同事務所を登録しました。
中区、戸塚区、南区の方の署名が可能です。
署名してもいいなという方はぜひお立ち寄りください。
12/10までです! 

平日9:00-16:00 
古市久美子建築設計事務所 / モ・クシュラ
横浜市中区常盤町2-10常盤不動産ビル3階 207号室

上郷って言った方がわかる方も多いと思いますが、
小さな頃からよく行って世話になっている森。夏にはホタルも。
次世代へつなげていきたい。

詳しくは下記リンクを。

また、お近くで署名スポットをお探しの方は、下記で探してみてください。
いろんなお店で展開されています。
http://livegreenyokohama.com/spot/